Blog

333D-05 naomi & goro『turn turn turn』

今日4月19日は333DISCS 20歳!& デザイナー松浦洋子の誕生日🎂

333DISCS全タイトル配信開始と
20周年を記念しての作品紹介 その5

2002年12月1日にリリースした
naomi & goro 『turn turn turn

布施尚美(Vo.Gt.)と伊藤ゴロー(Gt. Vo.)のボサノヴァ・デュオ。1stアルバムです。

レーベル初の歌モノ!
しかも12月発売。私は幼少の頃からクリスマスアルバムに並々ならぬ思い入れがあり「クリスマスアルバムにしたい!」と2人に話したのですが、「普通でいいと思います」といわれ、オリジナルアルバムになりました。

尚美とゴローは、七里ガ浜のアマルフィイ(イタリアン)で毎週土曜日に3年ほど演奏していました。そのレパートリーからボサノヴァとアルバムのために作ったオリジナル半々を録音。
ジャケットは、MOOSE HILLに続き、石坂しづかちゃんにお願いしました。しづかちゃんがnaomi & goroの猫村ライブ(調布)に来て、ライブを見ながらささっとスケッチ。それを元に描きあげ、333でデザイン。このころ尚美はエレガットを弾いてましたね。録音はpro tools。のちに教授(坂本龍一)から「どんな環境で何のマイクで録ったの?」と聞かれました(それは秘密です)。

中原仁さん、岡尾美代子さん、市川実日子ちゃんをはじめ、たくさんの方がアルバムにコメントを寄せてくれました!

リリースしてみたら…… とても売れました!!333メンバーで「歌モノだから売れるのか、ボサノヴァだからなのか、これまでが地味だったのか?!」と。ありがたいことに様々なイベントにお誘いいただき、全国でライブをすることに。福岡のFMが主催したロイヤルホスト1号店でのSAIGENJIと2マン・イベントに出演しました。ラジオのナビゲーターが流暢な発音で「次はナオミエンゴロー!」と紹介した時に、あ!ユニットになったな、と実感したのをおぼえています。

ナオゴロの1stアルバム、ぜひ聴いてくださいね。
ゴローもボサノヴァ歌っていますよ。 以下のリンクから試聴できます。
https://www.333discs.jp/releases/turn-turn-turn/