Blog

333DISCSは2020年4月19日に20周年を迎えます。

今日から新年度🌸

本日4/1(水)より音楽配信のアグリゲーターを変更、
昨年末からデータの整理などあれこれ延々と作業をしておりました。

なんとか無事に間に合ってiTunesやSpotifyで配信が始まったのですが……
なんと!!これまでにいただいた☆やレビューが全部なくなってしまい(;_;)

気を取り直して、、
1枚目のアルバムからすこしづつ20年間のリリース作品をご紹介していこうと思います。

1枚目はコンピレーション「kaleidometrix」。
素敵なアーティストにお声がけして、わいわいとつくりました。

333DISCSは私と、フルート&デザインの松浦(櫻井)洋子、デザインの清水祐の3人で立ち上げたレーベルで、松浦と清水が東京タワー(333m)に登ったときに、レーベルのロゴデザインを閃き✨そのまま、デザインからレーベル名が決まりました。
最初のCDジャケットは、なんとクラフト紙を1枚1枚ミシンで縫いつけて、タグも手作り!(現在は在庫はございません)
とても手間がかかったことを思い出しました。ぜひお時間あればきいてくださいね。

「感染が広がらないようにつとめる」――新型コロナによるイベント中止を受けて

音楽製作者連盟事務局より

■声明文

エンターテインメントを愛する皆さんへ

先般のイベント中止、もしくは延期の要請を受け、コンサート等のエンターテインメントを中断する判断や、敢行する判断に対する様々な批判や賛同がある中で、我々は大多数の公演を中止、もしくは延期することに致しました。

何よりも皆さんの健康が優先されることが大事という、強い気持ちを持って判断した次第です。

一方で、開催に向けて準備してきた苦労や、開催することで得られる充実感や達成感、そして何よりもオーディエンスの皆さんと分かち合えるかけがえのない喜びなど、経済的な損失以上に、その代償は大きなものがあります。
だからこそ、今回の新型コロナウイルスに対して今一度正しい知識と関心を持っていただき、これ以上の感染が広がらないようにつとめる事を、率先して訴えかけます。

エンターテインメントが再び多くの皆さんに大きな力を与えることができるよう、細やかな知識や情報を、率先して広げていきたいと思います。

我々も、開催に向け実施可能な感染防止対策を行いますので、少しでも沢山の皆さんが感染拡大防止の知識を増やし、事態の収束への意識を強く持ち、新型コロナウイルスに1日も早く打ち克ち、その結果、共に楽しいエンターテインメント空間を描けることを心より願っています。

エンターテインメントを愛する皆さんと共に。

#春は必ず来る
https://ftaj.jp/pressrelease_20200304.pdf

2020年3月4日
一般社団法人日本音楽事業者協会
一般社団法人日本音楽制作者連盟
一般社団法人コンサートプロモーターズ協会

333discs HP リニューアル

一年以上ぶりの更新です。

本日333discsのHPをリニューアル致しました!
斎藤事務所さん(もとブルーマークさん)がシンプルで、見やすいサイトを作ってくださいました。(携帯版もね^^)
あらためてリリースした作品・外部制作のアルバムをみて、沢山つくったな〜、いろんな方にお力添え頂いているな〜、もう16年も経ったのか〜、と再確認しました。
アルバム制作、イベントなど、これからも変わらず地道にやってまいります。
ひきつづき、よろしくお願いいたします。
IMG_7257
<写真は羊蹄山です>

第3回 森のカフェフェス in ニセコ 終わりました!

みなさま、お久しぶりです!
前回年末の更新から季節は巡り〜の、一言ですませていますが、沢山の出来事がありました〜
6/28(土)森のカフェフェスinニセコ、無事終了しました!

今年は昨年、一昨年までの会場が工事のため使用できなくなり、少し移動した場所での開催となりました。
前日の仕込みの様子


羊蹄山は見えないけど、素晴らしい景色です~。

当日の模様

仕込み開始!


今年はステージも音響もパワーアップしましたよ!
ほぼ曇り空でしたが、日焼けしなくてよかったかも〜(^_^;)

昼の部の集合写真。こちらが全てを物語っております^^。

出演者の皆様と!

夜の部の様子
(オフィシャルカメラマンの佐々木さんから写真がきたらアップします!)

これがまたいい感じ♪ 札幌国際芸術祭の関連イベントとして、「都市と自然」をテーマに選曲し、原田知世さん、坂本美雨さんという超スペシャルゲストをお迎えしました!会場には700人を超すお客様にお越し頂きました。

お越し下さった皆様、ご出演&ご出店下さった皆様、そしてそして、ステージを担当してくださったウエス、ステージアンサンブル、ウイークエンド、そしてハンドクラップのみなさま、ヒルトン、ニセジビレッジスタッフの方々、お手伝い下さったみなさまありがとうございました!!本当にとてもすばらしくて、、終わってほしくない~!!と思いながらも時間はあっという間にすぎてしまいました。運営裏方チームは例年通り色々と困難もありましたが、でも、音が鳴って、本当においしい物とほんとに素晴らしい音楽のおかげでもう全てが最高!!手紙社のゆかいななかまたちとタッグを組んだカフェフェス5回目が終了しました。さて、次はどこに行きましょうかね、北島さん!?

そして、原田知世さんのLIVE TOUR noon moon、5月から全国を回っておりますが、残すところ7月11日の盛岡公演のみ。はやい~。
最後の公演、もう、最高に楽しみです。原田知世さんのアルバム制作~ツアーについては、またこちらでもご紹介いたしますね。(号泣で )

2013年、年末です。

12月に入ってからも、連日楽しい事、大変だった事、とても良い経験となった事が
本当に沢山沢山ありました。

わたし超個人的にですが
ゴローが教授と、そしてYMOの皆様と、今年の年末に、このタイミングでご一緒できた事、
わたしもその現場にスタッフという立場でご一緒できたことは、言いようの無い感動でした。
30年前の年末に、NHKで放送されたYMO散開ライブを佐世保で見て、
あ〜もうこのバンドは本当に、二度と見られないのね、、と、ぼーぜんとした事。
よりによって、EX THEATREの細野晴臣×坂本龍一ライブで教授がPerspectiveを演奏するなんて。
リハーサルで教授がピアノでぽろぽろとイントロを弾き始めたときには。。
もう、、、当時の私に教えてあげたい。
本番どれもすばらしい曲で演奏も本当にすばらしくて、いろいろな感情がグルグルして、
なんかもう、21日の帰りは1人リハの音源を聴きながら、運転しながら泣けてしまいました。
本当に、お体を大切にして、ずっと前を走っていてほしいと心からそう思いました。

そして、今年1年、無事終わる事が出来そうでホッとしております。
いつも近くで、いや、遠くからも、いざ!というときには力になってくださる皆様のおかげだな〜と、
しみじみと感謝しております。ありがとうございました。

めまぐるしくて、反芻したくてもできない事を(ちょっとしてるけど)
お正月にじっくりと振り返りたいと思います。

みなさまも、どうぞ良いお年をお迎え下さい。