Blog

333D-18 achordion『private note』

333DISCS 全タイトル配信開始と
20周年を記念しての作品紹介 18枚目!

2005年7月1日リリースの
achordion『private note』(← リンク先で試聴できます。)

広島在住のジャズトリオ「アコーディオン」

ヴォーカル満田智子、ギター木村恵太郎、ドラム小濱圭亮の3人は若干20代前半ながら圧倒的なライブパフォーマンスで話題に。伊藤ゴローが「広島に素晴らしいバンドがいる!」と言うので、お声がけさせていただき、デビュー・アルバムをリリース。とにかく、カバー曲も、オリジナル曲もシンプルな編成でしっかりとJAZZに仕上がっています。

ジャケットはイラストレーター、森本美由紀さんに書き下ろしていただきました!

リーダーの木村恵太郎は、 兄にギターをもらったのをキッカケに音楽を始め、ロックバンド、ジャズバンドに参加。 好きなアーティストはウェイン・ショーター、ケニー・ギャレット。大の宇宙好きで、UFOが….など、ここでは書けない貴重な話もあれこれ!?ぜひともライブなどでお声がけしてみてください。

ヴォーカルの満田智子の歌は、本当に素晴らしいんです。かわいらしい見かけからは考えられないパワーのある歌、とにかく音感もリズム感も良くて、すごい!のひとこと。好きなアーティストはカサンドラ・ウィルソン。

ドラム小濱圭亮が参加しているのはこのアルバムだけですが、いつかまた3人で演奏した作品が出るといいな、と思っています。木村、満田の二人によると頼れる知識人。犬好き。愛犬はゴールデンレトリバーの虎徹(コテツ)。 高校時代、友人に誘われるがままドラムを叩き始める。 好きなアーティスト:ブライアン・ブレイド、エルビン・ジョーンズ

リリース当時、手紙社の北島さんが下北沢のビレッジバンガードでアコーディオンを初めてきいて「かっこいい〜」とを思わず買ってしまった!と言ってました☺️
初々しいファーストアルバム!ぜひお聴きくださいね。