Blog

333D-15 Kama Aina(青柳拓次)・高田漣・ Moose Hill (伊藤ゴロー)『HAWAII, HAWAII』

全タイトル配信開始と
20周年を記念しての作品紹介 15枚目!

2005年6月12日リリースした
Kama Aina(青柳拓次) / 高田漣 / Moose Hill (伊藤ゴロー)
『HAWAII、HAWAII』←リンク先で試聴できます。

伊藤ゴローが「色んな土地で録音した作品を作りたい!」と言いだし、それならば最初はハワイがハッピーでしょう!ということでハワイで録音することに。

私が勝手に「御三家」とよんでいた青柳拓次・高田漣・伊藤ゴローの3人のアルバム「旅シリーズ」は、これまでに3枚出しています。
写真集とCDがセットになっていて、写真集はミルブックスさんが制作しました。カメラマンはMIKA POSAさん。
333でCDを作ってお互いに仕入れしてそれぞれ本屋とCDショップ販売する、という初めての試みでした。

3月にハワイ オアフ島へ!
オアフ島では3曲完全に録音するというノルマがありました。
成田にコートを預けて楽器などいろいろ持って出発!早朝にハワイについたらもちろん暑い!チェックインまでの時間がとても長かっのを覚えています。予約していたスタジオを探すのに一苦労しましたが、なんとか無事発見。録音しては、撮影に行って、食事して。
滞在中に青柳君は歯が痛くなって「歯痛(はいた)の拓次」、ゴローは楽器屋で試奏しまくって「試奏のゴロー」(アコギも一本ゲット)、そして漣くんはなぜがよく両替に行っていたので「両替の漣」と呼ばれてましたwww。

やはり、いつもと違う環境で録音すると、その場所ならではの雰囲気が感じられます🏄‍♂️
(気のせい??)

ハワイに行った気持ちで聴いてくださいね!

333D-12 naomi & goro『Presente de Natal』
333D-13 V.A.『DAY & NIGHT』
333D-14 tico moon『lento』

333DISCS全タイトル配信開始と
今年20周年を記念しての作品紹介 12〜14枚目!

2004年11月10日〜2005年6月1日にリリースした3枚のアルバム
このまま週に1枚ずつ紹介していたら今年中に終わらない、と気がついて
再発とコンピなのでまとめてみました!

naomi & goroのクリスマスアルバム『Presente de Natal(2004年盤)』←リンク先で試聴できます。
初回CDに封入していたアンケートで多かった「スリーブケースをつけてください」ということで
2004年はスリーブケース付きで販売させていただきましいた!

2005年3月3日にリリースV.A.『DAY & NIGHT』←リンク先で試聴できます。
naomi & goro , tico moon, MOOSE HILLと、
アルバム制作に取り掛かっていたシュガープラントのヴォーカル&ベース正山千夏のソロ「cinnabom」。
そして、伊藤ゴローが広島に素晴らしいアーティストがいる!と言ってお声がけしたJAZZ TRIOの「achordion」。
おうち時間を楽しんでいただきたく作りました!

2005年6月に再発したtico moonのファーストアルバム『lento』←リンク先で試聴できます。
リマスタリングしました!(現在販売中)ミルブックス藤原さんが、ミルブックスさんの名刺のイラストを描いている名古屋在住の松尾ミユキさんがっとても素晴らしいので、ジャケットにいかがですか?と。ジャケットもリニューアルすることに。
.
ぜひ聴いてくださいね!



333D-11 tico moon『silent sea』

333DISCS全タイトル配信開始と
今年20周年を記念しての作品紹介 11枚目
.
2004年10月22日にリリースした
tico moon『silent sea』← リンク先で試聴できます。

tico moonの2ndアルバムは、秋の夜長にぴったりと馴染む音楽に、ということで選曲・録音しました。
そして、リリースから16年経った今でも!ライブで演奏しています。

影山から、ジャケットは「1曲1曲が1枚のポストカードのようになっていて、遠くから見ると1枚の絵に見えるような感じ」といったイメージをもらったので、デザイナーの清水祐が、曲をじっくり聴いて海に行き、写真を撮ってきてくれました。
とてもぴったりのジャケットになったな〜と思っています。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
水滴のようなハープ。さざ波のようなギター。
ティコムーンのみずみずしい音楽をくりかえし聴いているうちに心に窓が開いて”静かな海”が見えてきます。
小林深雪(小説家)

アイリッシュの後にクリーム、ソーダブレッド、コーヒー、パブ、リネン、セッターと続けてみる。ほら、不思議とどれもほっくり。好みのものばかり。tico moonのアイリッシュハープも素敵なわけです。
福田里香(料理研究家)

silent seaを聴いていると海の中にトリップします。海の中の流れや海中から見上げた月の光、海流の泡、そして体のしなりや心臓の鼓動、いろんな記憶が感覚としてよみがえってきます。tico moonの広くて温かい人間性にも触れ、やさしい気持ちになりました。静かな月の出る夜の海辺で聴けたら・・・きっと海に溶けちゃいますよ。
布施尚美(naomi&goro)

ゆかちゃんのこと話します。 MOOSE HILLのライブでいつもアイリッシュハープを弾いてもらってます(お世話になってます、いつもありがと)そのハープはとても素敵な音がするのですが、トラッドな音楽の為の楽器で、僕らがやっている音楽を演奏するのは大変むずかしく糸巻きの近くにあるフックで(これでピッチを半音かえられる)忙しく調弦しながらの演奏です(ごくろうさまです!)そんなゆかちゃんはいつも笑顔、影山君の無理な注文にもスーパーテクで答えます。tico moonの素敵な音楽は影山君の繊細できめ細やかな作曲とゆかちゃんの必殺技があります。
伊藤ゴロー

ゆっくりとリラックスしたいときに、ぜひ聴いてくださいね!

333D-10 V.A.『winter sleep』

333DISCS全タイトル配信開始と
今年20周年を記念しての作品紹介 10枚目

2004年10月16日にリリースした
V.A.『winter sleep』 ← リンク先で試聴できます。

秋〜冬にかけて、家でゆっくり聴いていただこうということでこれまでリリースした作品から選曲。
そして追って333よりリリースすることになる「sugar plane」のヴォーカル&ベース
正山千夏の初のソロ「cinnabom(チナボン)」の曲も収録しました!

ジャケットは、石坂しづかさんに、と思っていたら、ミルブックスの藤原さんが

「ちょうど石坂さんでグッズを作っていて、海外でタオルを製作したのですが、
間違って同じ刺繍を2箇所にしてしまっていて、、
でもとても仕上がりは可愛いので、それジャケットにどうですか?」

ということでwww。確かに!とっても可愛くて。

藤原さんにデザインもお願いして使わせていただくことになりました。
(その時のやりとりのメールがおもしろかった!)

これから梅雨ですね。
リラックスしたいときに、ぜひ聴いてくださいね!

333D-09 V.A.『ドレミでうたおう』

333DISCS全タイトル配信開始と
今年20周年を記念しての作品紹介 9枚目!

2004年10月16日にリリースした
333D-09 V.A.『ドレミでうたおう』 ← リンク先で音が聴けます🎵

子育てに音楽でなにかお役にたてないか、と考えて作った知育シリーズ第一弾。
まず第一に、親がしっかりと楽しめる音楽で、ついでに知育にもなる!なんていう都合のいいCDはできないか、と考えました!!
やっぱり「音程とリズム」かな? これは小さい時から繰り返し、たのしくきくのが一番!!
.
「楽しくドレミを覚えよう」というテーマで、
メロディーを「音名のドレミファソラシド、ABCDなどで歌う」というお題でみなさまに曲作りをお願いしました!
Gutevolk、MOOSE HILL (伊藤ゴロー) & 原田郁子、anonymass、キセル、高田漣、三品輝起、World Standard、ハナレグミ、DUORCA (青柳拓次 & TAMIE J.広河)、ogurusu norihide、菅大祐 & 玉城ちはる、エマーソン北村。そうそうたる参加メンバーが、子供のためなら、と知恵を絞ってとっても素敵な曲を作ってくれました!!
.
●曲解説
1. Scale Song / Gutevolk
こどもの脳みそはスポンジみたいに何でも吸収してしまう。
偏見もなにもない、そういう時にこそ大人が面白いと感じるものもどんどん触れさせて、 引き出しを増やしてあげて欲しいです。

2. do re mi fa song / MOOSE HILL (伊藤ゴロー) & 原田郁子(クラムボン)
とってもたのしいアルバムね。思わず顔がほころんじゃった。誰かにプレゼントしたくなる。とってもステキなアルバムね!!(原田郁子)
ドレミファソで始まる曲を作ってみたかった。世界中にドレミから始まる名曲は沢山あります。 ドイツ民謡の「こぎつね」とか、松田聖子の「天使のウインク」とか。みなさんも探してみてください。(伊藤ゴロー)

3. be flat / anonymass
メロディーの入り方は自由です。”be flat, be flat”と歌が入ったら好きなところで歌い始めてください。どこから歌ってもいい、そんなうたです。みんなでフラットになりましょう。(anonymass)

4. ドレミワちゃん / キセル
ドレミワちゃんは にんじんが嫌いです
ドレミワちゃんは ふくれるとおっさんみたいです
ドレミワちゃんは 笑い出すと止まりません
ドレミワちゃんは 黒目がちです
ドレミワちゃんは まつ毛は長いです
ドレミワちゃんは 鼻毛の出ている人が好きです
ドレミワちゃんは 呼んでも振り返りません
ドレミワちゃんは 思い込みが激しいのです
ドレミワちゃんは ライバルは風の谷のナウシカです
ドレミワちゃんは なんでも「なんで?」と聞きます
ドレミワちゃんは すぐボタンを押します
         背中のチャックも開けたがります
ドレミワちゃんは 大体迷子です

5. aerial ballet / 高田漣
大人も子供も楽しめるサーカスを思い描いてみました。でも、サーカスってなんだか少し哀しいような、怖いような、そんな感じも魅力。この曲はどんな風景が浮かびますか?

6. suburban life / teruoki mishina
郊外の生活。
ママは「おやすみなさい」とだけ言って、本を閉じました。夜風にカーテンが揺れ、部屋の灯りを消すといなくなりました。住宅と広い芝生が遠くまで続いています。ベッドからは夜の高速道路がみえました。

7. The frog chorus of Central Asia / World Standard
「ドレミ」と歌いながら、中央アジアを駆け巡るおかしなカエルのイメージ。。?自分でも不思議なテイストの曲が出来て嬉しいです。

8. どれみれげえ / ハナレグミ
音楽は体を使って味わうもんだと思い(自分がそうだった)おどれる曲にしました。みんな思い思いの王様やみそ汁をつくってほしいなあ。この曲がかかった時にはちびっこがお皿やコップをチンチンならしてもゆるしてあげてくださ?い!!

9. si fa re mi fa re / DUORCA
タミイがクロマチックハープを弾いている時、このコード進行と自由な構成が生まれました。その後、僕がメロディーを付けて、大袈裟なロックの味付けを少々してみました。(青柳拓次)

10. hello! adios song / ogurusu norihide
家で、ひとりで音楽をつくりがちな僕ですが、今回この曲には総勢6名が一つの場所に集まって「せーの!」で録音しました。くせのある素晴らしい人たちと一緒に演奏が出来て、本当に楽しかったー。この曲を聞いてくれるみんなにこの楽しさが伝わると思うので、悲しいとき、嬉しいとき、大人になった時、なんかに何回でも聞いてね!

11. 明日 / 菅大祐 & 玉城ちはる
そうしたことによると、例え、親子であっても、本当は一心でいられないと思わざるをえません。そして時間の流れと共に状況は変化し続けています。この歌詞は一番と二番とが持つ性格は大きく変わっています。目に見る事が出来るのは三文字が違っている事なのですが。たった小さな違いが、持つ印象を変えるのならば、僕は後者を選びたいですね。そんな事を表した曲です。半分を玉城さん、半分を僕が書きました。では、またあした。

12. kazoe-you (かぞえよう・リズムであそぼう予告編) / エマーソン北村
音の高さである「ドレミ」の曲があるなら、時間軸に対するリズムの曲があってもよかろうと言う事で「1.2.3」の曲を作らせてほしいと勝手に頼み込んだ。友人の赤ちゃんが一番反応する音楽はダブだという話を聞いて、よし子供にこそポリリズムの曲は受けるに違いないと思って作ったのだが、その話の真偽は定かではない。「5」以上の数を数えるのは自分にも大変だった。

イラストレーション / 石坂しづか
1本足りない五線譜の町から音を探す旅に出かけてみよう。森を抜け、高速道路を横切り、いろいろな場所へ行ってみてください。海にもぐって、空にのぼって、地上に舞い降りたら、また新しい旅のはじまりの予感。ドレミミレドレミド。

333DISCS / 伊藤葉子
子供のときに大人が楽しそうにしているのが(宴会、釣り、麻雀!)羨ましかったのを覚えています。大人が本気で(これ大事)楽しいな?と思えるものこそ子供にとっても楽しいに違いない。コンセプトでもある「ドレミを覚えよう」を考えつつ、この人に頼めばおもしろい音楽をつくってくれるかも!と依頼をいたしました。出来上がってくる作品を聴きながら、みなさん楽しい音楽家だなーと再確認!第2弾もお楽しみに!
.
大人も!ぜひ聴いてくださいね!

333D-09 V.A.『ドレミでうたおう』